「住宅ローン」の記事一覧

太陽光発電ローン(ソーラーローン)について…金利は?審査は?

太陽光発電システムを導入する際、支払いが気になると思います。 新築と同時に太陽光発電を導入する場合は、住宅ローンに組み込めますが、 太陽光発電を後から取り付ける場合はローンを組むことになると思います。 (太陽光発電を施主支給する場合も、ローンを組む方が多いと思います。) 実は、ローンも多様な現代ですから、太陽光発電専用のローンも当然あり(笑) ソーラーローンと呼ぶようです(通称)。 太陽光発電システム自体、車を1台購入するのと同じくらい費用が掛かりますので わざわざローン組んでまで購入するの?と思われる方もいますが 車を購入する際にローンを組む方もいると思いますので 太陽光発電にローンを組むことは特別…と思う必要はありません。 自動車ローンよりもソーラーローンのほうが金利が安く(2%切っています) 期間を長く設定できる場合が多いので、自動車ローンよりも敷居が低い (自動車ローンよりお手軽)と私は思っています。 ただし自動車のローンについてもそうですが… ローンを組むこと自体が基本的には背伸びした買い物ですから 人それぞれで考え方や価値の置き方は変わってくると思います。 ソーラーローンは・・・

シャープの太陽光発電パネルの特徴はコスト?デザイン?売上げ?

太陽光発電売上げでは王者のシャープの紹介です。 シャープは1994年から家庭用太陽光発電システムの商品化に着手しており 歴史的にも、実績的にも価格の安さにおいても国内1位です。 売上げに関しては、1度(2012年)だけパナソニックに 売上げ1位を許していますが・・・。 シャープの太陽光発電パネルの多くは、コストを安く製造できる 割に性能がいい多結晶シリコンのタイプです。 多結晶シリコンであるのに性能がいいのはシャープ独自の 低反射ガラスを採用したことにより光の吸収を高めることができ さらにメインの電極を3本にすることで高効率化を実現しました。 デザイン面ではシャープの太陽光発電パネルは、 屋根の大きさに合わせて効率良く配置できるルーフィット設計を採用しているため、 限られた設置面積でもパネルを数多く配置できるだけでなく、 外観のデザインも良く見せる工夫がされています。 加えて、シャープの太陽光発電システムは、 パワーコンディショナーの中に接続箱の機能を収めていますので、 接続箱が目に付きませんことも特徴です。 シャープはこのように多結晶シリコンが主流であることは 今も以前もそう変わりま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ