「不動産業者」の記事一覧

物件の見学は親も一緒のほうがいいのか?

はっきり言いましょう、最初は親と一緒のほうがいいです。 というより…最初に相談をしないと後々のトラブルにつながります。 遠方の方は、お正月やお盆で帰省された時に、 不動産の状況を話したほうがいいです。 というのも、親の立場から考えると… いきなり高い物件を買うと言われたら、びっくりしてあっけにとられます。 特に地方に両親がいて、都会(東京など)の物件を購入する場合には、 都会(東京など)の相場をよく分かってもらう必要があります。 そうしないと、後々トラブルに発展する場合があります。 銀座4丁目の山野楽器前なんて1坪約1億しますからね。 (この例は商業地で特殊な例だと思いますが…) 都会の場合は…こんなに物件の費用が高いのに、 こんな狭い土地しか買えないのか?ありえないぞ だまされているんじゃないか? …となって揉めることが結構多いんです。 いい土地に巡り合って、住宅ローンも通って、いざ契約となってから、 親からダメ…と言われて、白紙になったら元も子もありませんが こういったケースは(本人が)思っている以上に多くある・・・

良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方

(ブラック企業?ブラック無糖?) 家を購入する人にとって 良い不動産業者と悪い不動産業者の見分け方 はとても大切な要素です。 一番よく紹介されている方法は、 宅地建物取引業における免許番号を見る方法ですね。 ひとつの都道府県にしか事務所がない場合は都道府県知事免許、 2つ以上の都道府県に事務所がある場合は国土交通大臣免許です。 どちらの場合も(県がまたがっている場合も、そうでない場合も) 免許は更新は5年に1度です。つまり、 営業を開始して5年未満であれば(1)と表示され、 6年目になると表示が(2)となります。 どのような業界においても、会社の信頼・信用は規模ではなく、 どれだけ長く営業をしていたか期間です。 規模が大きくても、いきなり倒産する事態ですから…。 不動産業界に関しては特にその傾向が強いですね。 法律に違反しても相当額の利益が上がれば、会社をいったん倒産させて、 また再開すればいい(計画倒産)と考えている社長も結構いるんです。 当然、こういう計画倒産をしている悪質きわまりない怪しい業者は 宅地建物取引業の免許が常に(1)のままで変わりません。 もちろん(1)の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ