施主支給(キッチンリフォームなど)をするために、メーカーを説得するある方法とは…

yasusabakuhatuses
ここで「施主支給したいけど、ハウスメーカーの営業マンに言いにくい」
という施主の方のために、ちょっとした常套句、魔法のフレーズを紹介しましょう。

まずそのためには前提条件があって、必ず契約する前に
「施主支給をすること」を伝えてください
…え?反対されるから嫌ですか?
いいんです。反対されて、反対されて絶対にダメですって言われたら
そのハウスメーカーで建てるのをやめればいいだけのことですから。
さすがに、施主支給できないんなら辞めますって言われたら
営業マンもダメ…なんてなかなか言えないでしょうねぇ。このご時世

で、肝心のハウスメーカーを説得するための常套句ですが、それは
「親戚に住宅設備を扱っている人がいまして、
住宅設備は親戚のところから買わないと、まずいんですよ。」
…と言う、もっともらしい感じのフレーズです。
もちろん親戚は、架空の国の親戚(笑)になるのでしょうが、
親戚だからトラブルが起こっても柔軟に対応してくれる、
お宅(のハウスメーカー)で建てるよりも、安くて質が高くて
保証が充実している…などの言い訳も付けてとどめをさすことができます。

親戚よりも安く提供できますか?
充実した保証(10年保証など)つけられるんですか?
…って言うか、親戚を納得させられますか?
など、どんどん迫ってみてもいいと思います。

心配しなくても、値段と保障を考えてたらハウスメーカーの標準仕様なんて
施主支給専門店の(値段、保障には)足元にも及びません

まぁ~ここまでやるのなら、施主支給専門店の営業マンにちょっとだけ
演技をしてもらうように打ち合わせする必要もありそうですが…心配はご無用で!
確かめてやる!…と鼻息を荒す営業マンなんていませんから。
(そんなにハウスメーカーの営業マンは暇じゃありません。)

過去の先輩でうまくいったフレーズの1番がコレでした。
嘘をつくから嫌だ…なんて思うかも知れませんが、
ハウスメーカーの営業マンなんて笑顔で嘘をつける人ばかりですから
これくらい「ウソの」お返しをしてもいいと思います。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ