新築時の施主支給:利用手順と注意事項は?

今回は、施主支給の利用手順を紹介していきます。

まず一番初めに行うことはハウスメーカーや工務店に
「施主支給をします」…と伝えることです。…というのも、
施主支給というのはハウスメーカーや工務店の営業マンを含めた協力が必ず必要になります。

自分で選んで調達するのだから勝手でしょ…なんてやってしまうと必ず失敗します。
よくヤッホーな知恵袋や、教えてg〇〇あたりに
施主支給は失敗する辞めたほうがいい…と書かれているのを見かけますが、
ほとんどがハウスメーカーや工務店を無視してこっそりとやった例です。

こっそりとやられては営業マンだって面倒を見てられませんから、
どうぞ・どうぞ失敗してもご勝手に、自己責任でしょ…となってしまうんです。
もちろん、施主支給をする…と言ったら断られそう、と思い
施主支給をすることを言いづらい…という人もいると思いますが、
それは一番ダメなパターンですから辞めてください。

ダメだったらダメで諦めればいいんです。施主支給を…じゃないですよ
その反対したハウスメーカーなり工務店で建てることを諦めればいいんです。

一応補足しますが…以前に比べると最近では、施主支給を受け入れる
ハウスメーカーや工務店が増えてきました。
ですからダメと反対されるから嫌だ…なんて臆病になる必要はありません。
まずは「施主支給をする」と伝えることが大切です。

もちろん先ほども書きましたが、
未だに施主支給に反対するハウスメーカーや工務店があります。
その理由はしっかりあるんです。
どっかのヤッホーな知恵袋や、教えてg〇〇あたりある「失敗するから」
何て書かれていますが…そんな理由ではなく、本音の理由は
ハウスメーカーや工務店の利益がガッツリ減ってしまうからなんです。

みなさんはご存じかもしれませんが、いまだにハウスメーカーや工務店の売り方って
バブル絶頂のどんぶり勘定だったりするんです。
住宅設備なんかは標準仕様という名の型落ち商品を定価で買わせるのは当たり前で、
下手したらいろいろ理由をつけて3~4割のマージンをつけて売ったりします。

家電製品の型落ちを3~4割増しで買いますか?って言ったら、誰も買わないと思いますが
住宅設備の型落ちなら3~4割増ししても標準仕様といえば、みんな買っちゃう
…こんなありえない業界が、夢を作るといわれている住宅業界の実態なんです。
当然施主支給なんてやられたら、何にもしなくても手に入る利益がそのままなくなってしまいます。

それに施主に調整のお手伝いという名の面倒な仕事も入ってくるんですから
ふつうバカらしくてやってられません。ただしバカらしくてやってられない
…なんて言えませんから
「施主支給って失敗するんですよ」
「施主支給をして何かトラブルがあるとハウスメーカーは責任をとれないんですよ」
…な~んて、妙に納得しそうな常套句を使ってごまかすのです。
(きっと社員教育で仕込まれているんですよ。)
大丈夫です。施主支給をしなくてもハウスメーカーは責任なんてとってくれません。
トラブルが起こったら住宅設備メーカーに責任転嫁するだけですから…。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ