嫌がられる施主支給を成功させる秘訣は…


クリナップのキッチン21万円(施主支給)
ハウスメーカーの標準仕様なら同じ品物が50万はしますね。

施主支給は成功する人、失敗する人に分かれます。
失敗する理由は大体面倒くさいことが原因の場合が多かったりするんですが、
成功する人の理由も結構決まっています。

で、多くの成功している方の共通点は、
住宅設備を選ぶ際に楽しみながらやっていることです。

住宅設備の仕様を選ぶのが面倒と思う人には施主支給は向かない
…と以前書きましたが、
逆に選んでいる時間が楽しい…と思っている人は、成功します。
そりゃぁ、楽しいんだから成功しますよね。

おまけにグレードアップとコストカットがついてきますから
楽しくて、楽しくてたまらなくなります。

施主支給を時給換算なんてしたら、時給1万越えなんて当たり前で
ものによっては時給10万越えすら実現できますから、
ある意味ウハウハです(…こりゃあ死語ですか?)。

家づくりは義務ではなく、望んでやることですから、この楽しさって大切だと思います。
で、この楽しさを考えた場合、ハウスメーカーの標準設備にしてしまったら、
これから何十年と住む家の設備を選ぶ…という機会が失われてしまいます。

家づくりは今後の人生を良いものにするか?悪いものにするのか?
…を決める一大イベントですから、他人が決められたものを
受け入れるだけではもったいないですし、つまらないでしょう。

楽しみながら、ショールームやホームセンターを巡り、
楽しみながらコストカットしまくって欲しいと思っています。
また、何でもそうですが、自分が熱心に選んだシステムキッチンやシステムバス
…って、ハウスメーカーの標準という名で提示された設備より、
はるかに愛着が湧き、飽きることなく使い続ける事ができます。

設備を自分で選ぶことは決してデメリットなどではないのです。
ただし、契約前の段階で「施主支給します」宣言をすることは忘れずに…。
重要事項説明書に強引に「施主支給」って書いてもらう
…くらい豪快なことはやってください。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ