CIS(化合物太陽電池)が特色のソーラーフロンティアは?

solar228hfrontier
近年の太陽光発電業界で上位に来ているのが、ソーラーフロンティアです。
本年度の売上げはシャープ・京セラに次ぎ第3位にまで急成長しています。
シャープを一度だけ売り上げでぬいたパナソニックよりも
ソーラーフロンティアのほうが売れている
んですよ。

ソーラーフロンティアは太陽光発電の検討しない限り
聞いたことがないメーカーの方も多いかもしれませんが
昭和シェル石油グループの子会社なので、
もともと大きな基盤を持っています。

そんなソーラーフロンティアは、他の太陽光発電メーカー
と違い太陽電池をシリコン系ではなく化合物系と呼ばれる
電池を用いているいることが大きな特徴です。
ソーラーフロンティアは化合物系の太陽電池ですが
使用している化合物は銅(C)、インジウム(I)、セレン(S)
なので太陽電池はCIS系とも言われています。
cigs228fron
太陽光発電メーカーで売り上げが上位のメーカーといえば
シャープ、京セラ、パナソニックの名が上がり
三菱電機や近年太陽光発電業界に参入し
売上げもそこそこの結果を出している東芝
あたりが有名だと思いますが、これらのメーカーは
すべてシリコン系の太陽電池を用いています。
solar228frontier
このCIS太陽電池のメリットは
(特にシリコン系と比べて…)
シリコン系ではないので価格が抑えらていること。
ソーラーフロンティアのCISは国産(宮崎)なので
アフターの問題も海外製品に比べるといいです。

やはり家電製品は日本製に勝るものはありません。
私たちは日本の家電製品を普通に使っているので
ありがたみが分かりませんが、海外の(家電)製品の
壊れること・壊れること。これは太陽光発電だって
基本は変わりません。

影ができても電力が急激に減少しない。
シリコン系は影がかかると急激に電力が減少します。

光照射効果がり、光に当てておくことで変換効率が増加していく。

温度が上昇しても発電出力が落ちない。
単結晶系・多結晶形のシリコンはパネルの温度が上昇すると
発電出力が20%程度落ちる傾向にあります。
CISは単結晶や多結晶に比べると発電出力が落ちません。
注)アモルファスシリコンも温度で急激に落ちませんので
パナソニックのHITも温度には比較的強いです。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ