太陽光発電の誇大広告(見積もり)にはご注意を・・・安心な販売店選びへ!

太陽光発電システムの値段はここ数年でピーク近く下がってきました。
太陽光発電システムを施主支給する方が増えてきていますから、
多くの方がインターネットを利用し、安い販売店を探していると思います。
ネットの販売店を中心に最安値に近い価格を多く見かけます。
激安を売りにする販売店の多くは電話1本で太陽光発電システム
の販売をしている無名なベンチャー企業が主流です。

ここに安さの奥に隠れた
ベンチャー企業ならではのベンチャー(危険)な部分
があります。
もちろんベンチャー企業が悪いわけではありませんが、
ベンチャーの企業は目先の利益が優先とされるので
「うまくいかないビジネスに対する撤退が速い」という特徴があります。

産業用10kwの売電が20年間保障されるようになってからは
あれやあれや…と住宅用の取り扱いを産業用に変えていきました。
現在はパナホームのエココルディスをはじめとして
セキスイハイムのスマートパワーステーション
積水ハウスのビーモードジェント
トヨタホームのシンセグレートソーラー
ミサワホームのジニアスソーラーマックス(木造系)
ハイブリッドソーラーマックス(鉄骨系)
などなど、住宅用でも大容量の10kw住宅が登場してきたので
隙間産業にまたまた入ってくるかもしれませんが・・・。

トヨタ シンセ・グレートソーラー
トヨタホーム 10kw:シンセグレートソーラー

GENIUS Solar Max(ジニアス ソーラーマックス)
ミサワホーム 10kw:ジニアスソーラーマックス

このようにビジネスチャンスに合わせて
企業の方針をよく言えば柔軟に変えていく
ベンチャー企業という存在は何度も
書くようですが悪いわけではありません。

しかし、太陽光発電は買ったらそれで終わり
…といった品物ではありません。 そして
シャープやパナソニックや東芝などの
国内の有名パネルメーカーのものを
選べばそれで安心と言うわけでもありません。

太陽光発電システムは長く使っていく製品ですから、
メーカーの保証のみならず、販売業者による
定期的なメンテナンスが必要なんです。
だからこそ、激安という言葉に踊らされないで
何十年ものメンテナンスに付き合ってくれる
信頼できる販売業者に頼むことが大切ですね。
信頼できる業者は、地元の優良販売店を調査して探すのが本当は一番いいのですが
時間的に厳しい…というかたは、タイナビなどの一括見積サイトを利用しましょう。
一括見積サイトに登録できる業者は実績のある販売業者がほとんどですよ。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ