必見:建築条件付の土地の契約には要注意

tochiken2

建築条件付の土地は一番トラブルが多いので注意が必要です。
建売住宅は、すでに出来上がっている物件をじっくり見てから
買うのか?買わないのか?を決めるので
購入後の欠陥(瑕疵の問題)を除けば、問題それほど多くありませんし
サーモライトなどを使えば見えない部分の欠陥も確認できます。

しかし建築条件付の土地は、建物の施工業者(ハウスメーカー)が決まっているだけで、
プランや仕様設備は土地の契約後、打ち合わせをしてから決めていくものです。
土地の契約後、ハウスメーカーを決める…注文住宅と本来は変わりがないはずですが、
実はここに落とし穴があったりします。

建築条件付の土地の購入は、あくまでも土地の購入です。
建物付き土地の売買である建売住宅とは似ているようですが、性質が全然違います。
契約は土地だけよいのです。 ところがどっこい(古い)、
土地を購入した日(土地の売買契約の日)に プランの詳細を決めない状態で…
多くの方が、建物の請負契約までしてしまいます。

宅地建物取引業法(宅建業法)を噛み砕くと土地の売買契約をした後、
指定されたハウスメーカー(施工業者)と注文住宅を建てるのと同じ様に、
3か月かけて詳細な打ち合わせを行って、建築費用その他折り合いがつかなければ、
土地の契約自体が白紙の状態にできる(つまり解約できる)ということになります。

…が、トラブルの多くは仮の図面を見せられ、システムキッチンなどの主要な設備のみを
きれいなパワーポイントでプレゼンされ、変更は後から(お金を払えば)いくらでも聞きますよ
..という恐ろしい言葉に騙され、同日に請負契約までしてしまっている方がほとんどです。
いったん請負契約をしてしまったら、宅業法のルールから外れてしまいます。

建築条件付き土地を売っている業者(ハウスメーカー)は、
この隙をついてせこい商売をバブル時代から現役バリバリでやっているんです。
もちろん、プラン通りうまくいけばいいんですよ。でも面白いくらい失敗しますいから…。

たぶん一番多いトラブルのケースは、打ち合わせの段階の金額と比べ
最終価格が大幅に上がってしまうこと。
ひどいケースになると、当初の予定の費用から1000万円以上の追加となるようで、
知り合いに2000万円追加になった…というあり得ない例もありました。
ここまで行くと詐欺ですね。

芸能人じゃありませんから1000万・2000万も追加されたら何もできません。
最終的には違約金を払わされて解約しなくてはならなくなります。
その場合は何百万という損害額と人生において一番貴重な時間が失われてしまいます。
心理的ダメージが大きくなります。

請負契約時に見せられるのは、簡単な平面図と主要な部分の仕様書だけです。
詳細な見積書なんて1日2日で出来上がるはずもありませんから
何がどのくらいのコストがかかるのかは分からないんです。
こんな何にもわからない状態で人生で一番高い買い物である家の契約をすることは、
普通考えたらあり得ません…が多くの人はやっちゃいます。

本当に多くの方が、あり得ないことを平気で・自然にやってしまうんです。
もちろん上記のことをしてしまう最大の理由は、
建築条件付き土地の性質を理解していないことや
建売住宅と同じような感覚で建築条件付き土地を買ってしまうこと。
土地の購入という性質上、他の人に取られてしまうよ…
などと騙され急かされて、考えるすきをもらえない段階で
契約してしまうことなど多くの理由があります。

このようなトラブルにあって人生を棒に降らないためにも
建築条件付き土地の契約は、土地は土地で売買契約をして、
その後、時間をかけてじっくりと建物は建物で請負契約をすることです。
絶対に同じに日に二つの契約を同時にしないことです。
必ず2段階の契約です。何度も何度も反芻して契約に向かってください。

土地を探していると、気に入った土地になかなかお目にかかれないのが現状です。
あったとしても価格が高くて手が出ないか、もしくは建売住宅や
建築条件付きの土地…というのがほとんどだと思います
建売住宅はすでに確認申請済みなので変更はできませんが、
建築条件付は売れ残り続けている場合は交渉次第で安くできたり、
条件を外すことができたりします(もちろん容易ではありませんが)。
私はダメでしたが、知り合いは何とか建築条件付きを
外してもらったんだとか…。
tpchiken3

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ