太陽光発電ローン(ソーラーローン)について…金利は?審査は?

太陽光発電システムを導入する際、支払いが気になると思います。
新築と同時に太陽光発電を導入する場合は、住宅ローンに組み込めますが、
太陽光発電を後から取り付ける場合はローンを組むことになると思います。
(太陽光発電を施主支給する場合も、ローンを組む方が多いと思います。)
実は、ローンも多様な現代ですから、太陽光発電専用のローンも当然あり(笑)
ソーラーローンと呼ぶようです(通称)。

太陽光発電システム自体、車を1台購入するのと同じくらい費用が掛かりますので
わざわざローン組んでまで購入するの?と思われる方もいますが
車を購入する際にローンを組む方もいると思いますので
太陽光発電にローンを組むことは特別…と思う必要はありません。

自動車ローンよりもソーラーローンのほうが金利が安く(2%切っています)
期間を長く設定できる場合が多いので、自動車ローンよりも敷居が低い
(自動車ローンよりお手軽)と私は思っています。

ただし自動車のローンについてもそうですが…
ローンを組むこと自体が基本的には背伸びした買い物ですから
人それぞれで考え方や価値の置き方は変わってくると思います。

ソーラーローンは住宅ローンと同様で商品化(パッケージ化)
している銀行も少しずつではありますが増えてきています。
ソーラーローンは、住宅ローンほど浸透している用語ではありませんので、
銀行によってはリフォームローンとして扱っているところもあります。
この辺りは、販売店に確認することも大切です。

銀行でソーラーローンを利用する場合は、
手続きや審査などで面倒がる方もいますが、
住宅ローンほどではありませんので心配しなくても大丈夫です。

住宅ローンの場合は35年という長期間借りる方が多いので、
固定金利か?変動金利か?で多くの方が悩まれると思いますが
ソーラーローンの場合は(住宅ローンと比べて)期間が短い分、
金利の安い変動金利を選んで基本的には大丈夫です。

住宅ローンの時もそうですが、保証料が入る?入らない?
…で、総支払額が結構違いますので、チェックする必要があります。
万が一金利が上昇した場合(…と言っても急激には上がらないでしょうが)
は繰り越し返済という力技が通用しますので、変動金利にしても
欠点を補うことができますのでご安心ください。

関連するグラビアアイドルのページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ